ロレックス買取おすすめ|時計やブランド買取,質屋で高く売るならまずはチェック!

ロレックス本物と偽物の見分け方



 

 本物か偽物か見分け方として、一番わかりやすいのが、やはり価格ですよね。ロレックスの本物が2万円くらいで売っていたら・・・明らかに偽物とお分かりだと思います。本物はそれなりに安くても20万前後?それ以上はすると思います。
 では、オークションなどで沢山出ているのは・・・怪しいと思うものに数万円も出す勇気ありますか?でもそれでも安くで買いたいって方は自己責任です。安心して購入したければ、正規店か代理店などでメーカー保障や国際保障の付いているものを購入した方が安心でしょう。

 

 

ロレックスのスーパーコピーが人気?

 

 海外旅行で安かった・・・という時計は非常に気をつけた方が良いでしょう。
よく韓国や中国に行った友達がヴィトンやロレックスの偽物を買ってきて、普通に使っている友達もいますよね?高校生がヴィトンの財布を持ちたがりますが、偽物を使っているそうです。本物を持っていると取られたりもしますので、気をつけましょう。話は反れましたが・・・
 最近のロレックスのスーパーコピー品は非常に巧妙に作られており見た目は殆ど本物と同じなので、価格は10分の1くらいの価格で買えてしまうことから、非常に人気あるもの現状であります。
 ロレックスのマニアや鑑定士の方達はモデルの動向をチェックしていますので、工程上の問題や廃盤モデルなどの当たり前のように知っています。ロレックスのコピーの場合、廃盤だろうが限定カラーだろうが関係なく生産されるのです。

 

では、アンティークやちょっと古いロレックスなどはどこで判断するべきでしょう?

 

 

ロレックスの本物と偽物の見分け方

 

 まず新品で価格が安過ぎるのである程度はわかると思います。偽物の見分け方はいくつかあるのですがその内の一つ、シリアルナンバーの確認の方法です。ロレックスには商品一つ一つにシリアルナンバーとリファレンスナンバーが割り当てられています。その番号は時計本体にも刻印されています。
 ブレスを外して6時の位置に刻印されているのがシリアルナンバー、12時の位置がリファレンスナンバーです。もちろん保証書にもその番号は記載されています。時計本体と保証書の番号を照らしあわせてみて違っていたら確実に偽物です。あと、シリアルナンバーが彫ってあるものが本物で、ベルトに打ち付けてあるのは偽物です。

 

 リューズを巻き上げたときに感触がロレックスの本物の通所のパターンと違う場合は怪しいです。長針短針を12時と6時に合わせたときに長針と短針が一直線になるようにして、針と秒のメモリにズレがある場合は偽物の可能性が高く、また12時位置でズレがなくても、6時位置でズレがある場合、文字盤がリダンされている可能性があります。
 ロレックスファンの間では、リダンが敬遠されることが当たり前になっているような気がします。リダンとは汚れや日焼け、サビやシミなどから悪徳メンテナンス業者などがつくり替えたり、中古やアンティークをリダンして販売している事もあります。

 

 

 確認しても本物かどうか判断が付かない場合は、プロにお任せするしかありません。しかし、基本的にロレックスの鑑定のみを行っているところはありません。そこで、ここでは確実に本物かどうかの判断ができる方法を説明します。

 

メーカーにオーバーホール依頼目的で持ち込む

 これかもずっと愛用していくのであれば、全国にあるロレックスサービスセンターに依頼する事をおすすめします。基本的に修理やオーバーホール(定期的な分解掃除)を受け付けてくれるので、鑑定等の言葉は出さずに依頼してみて下さい。仮に、偽物ならその場で預かりを拒否されます。本物であっても極端に古いモデルは修理受付終了で拒否される場合があるので、ヴィンテージモデル等は、ロレックス専門店やアンティークショップに持ち込みましょう。

 

ロレックスのオーバーホール詳細はこちら

 

ロレックス専門店に査定目的で持ち込む

 ロレックスに詳しい専門店なら、しっかりとした査定が行われます。より専門性が高いので、真贋能力もすごく高く、持ち込んだモデルがアンティークでなければ、一発で見極めてくれると思います。この場合、「ロレックスを鑑定して下さい」と持ち込んでも拒否されるケースがあるので、「このロレックスいくらになりますか?」と査定を装いお店に持ち込んでみましょう。偽物や怪しいものは「コレは偽物」とは言われず、「当店では買取出来ません」と言われるでしょう。 

 

買取ショップ一覧はこちら

 

アンティークモデルの確認方法

 アンティークモデルは、本物であっても一時預かりになるようです。プロが見てすぐに分る偽者の場合は預かりにもならないので、預かって貰えた場合は本物である可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

 

ロレックスの鑑定士やプロ達の見分け方

 プロ達はブレスを外し、ケースサイドのリファレンスナンバーとシリアルナンバーが保証書のものと合っているか確認して違っていたらニセモノと判断しています。裏ブタを外すには、専用オープナーがいりますが、それを開けた際にリファレンスナンバーの確認とナンバ−だけではなく、ロゴが本物かどうか、もしくは修理の後改造品や偽物であることが判明していれば、そこにはプロだけがわかる印が残してあることもあります。
 ほかにはムーブメントのキャリバーナンバーが合っているか、他のムーブメントから流用したパーツがないかなどの確認をした上で見分けています。

 



 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 最新情報 真贋の見分け方 高く売る方法 査定の目安 買取ランキング ショップ一覧